Q. 「学び方を学ぶ」とはどういう意味ですか?
PML Academyの教師たちの役割は「コーチ」をすることです。従来の教師との違いは、コーチは学習者のサポートをしながら学習者自ら発見し、学ぶ喜びを味わえるようお手伝いをする知識集団だということです。
Q. 「大学の講師が教える」とありますが、本当でしょうか?
はい、本当です。全員がアメリカに住み、日本のみならずあちらで教育を受け、現在日本の大学の教壇にたつ英語講師、あるいは過去に日米で教えた経験を持つものばかりです。
Q. 英語圏の人が講師ばかりじゃないのでしょうか?
日本人の英語学習の悩みに対してバランスが取れた対応ができるのは、日本と英語圏で教育をうけた人です。ここに教授法も学んだことのないただ英語が話せるだけのネイティブスピーカーたちとの大きな違いがあります。PML Academyでは、スタッフ全員が普段の会話でも英語を使って、学習者がアメリカの教室にいるような気分に浸れるような気配りをしています。
Q. PML Academyを設立者はどんな人ですか?
PML Academy設立者の一人は1980年半ばからコンピュータ応用教育の英語教室を開き、米国オレゴン大学大学院で教育工学を専門的に学びました。米国滞在20年の間に米国の小学校、高校、大学でIT教育のコンサルタントとして、また語学教育ソフト開発者として貢献してきました。
Q. 授業でコンピュータをよく使うとありますが、どのように使うのでしょうか?
PML Academyに入学したら希望者には、タイピングのソフトを使ったレッスンを提供します。ができるようなレッスンが英語の授業の中に組み込まれています。教科書はアメリカで使われているWeb教材を使いますが、週1度の授業で足りない分をご家庭でその教材を使って補うことがあります。また、生徒の携帯電話に英語テスト問題等も配布されるため、「いつでも、どこでも、だれでも」常に学習できる環境をご提供します。
Q. スマートフォンなども使いますか?
スマートフォン、あるいはタブレットがあれば、通勤、通学途中の車内でもPMLから問題や宿題を受け取って、学習する機会が増えますから、週1のレッスンでも毎日勉強しているような効果があります。
Q. Phonicsとはなんですか?
Phonicsの歴史は18世紀からスタートします。もともとラテン語で聖書を読んでいたのですが、やがて英語に変わりました。しかし、ラテン語やゲルマン語がいりまじってできた英語は書いてある通りすんなり読める訳ではありません。そこで、それまで物語を読み聞かせて単語全体をひとつのかたまりとして覚えさせていた読み書きの方法(これをWhole Languageとよびます)を、よりシステマティックにこどもにもわかるようなシンプルさで音声と文字の関連をおしえるためにできたのが、Phonicsです。 長年の紆余曲折のすえ、現在、アメリカのほとんどの小学校でPhonicsを教えていますが、Phonicsだけでは不十分な部分もあるので、従来のWhole Languageも併用しながら教えるところが多いようです。 実際、じょうずにPhonicsを教えれば、子どもたちは早いうちから一度も学んだことのない単語を読めるので、英字新聞の70%は推量で読めると言われています。
Q. J-Phonicsとはなんですか?どこかPhonicsと違うのですか?
J-Phonicsという教材があります。これはPMLの創設者が日本の子どもたちのために開発しました。現在世界中で使われているPhonicsは英語圏の子どもたち、つまり、もう英語を話している子どもたちが対象なので、どんな単語でも読めさえすれば、その意味を理解できます。しかし、日本の子どもたちは、たとえ読めてもその意味を理解できません。J-Phonicsは英語が母語でない子どもたちを対象に、基本的な音と意味を比較対照しながらベースから組み立てて学んで行くシステムなのです。
Q. PML Academyは他の英語教室とどこがちがうのでしょうか?
PMLの創設者はいわゆる帰国子女の一人で、長年海外で過ごし、日本の大学に進学しアメリカの大学院で教育工学の修士を取得しています。教室設立までに日米の多くの教育機関で教え、教材をつくり、コンサルタントとして活躍してきました。そのコンセプトは「英語とITとのコンビネーションによる独創的な教育」にあり、すでにフィンランドやアメリカの一部で実行されています。しかし、まだ日本ではそれができる人材の少なさもあって大変遅れています。PML Academyではそれを可能にする技術と知識があることが、他の英語教室との大きな違いだと思います。
Q. オリジナル教材があるそうですが、どんなものですか?
1)J-Phonics(これにはJ-Phonics用の音付きペンマンシップやゲーム感覚で学習するWebアプリなど含まれます) 2)MogoolaPro 3)Picture Dictionary 4)発音口形図 5)その他
Q. オリジナル教材以外の教材も使いますか?
はい、使います。アメリカの子どもたちが家庭の勉強で使っている優れたWeb教材(Raz-kids)から、「多読」「多聞」そして「多書」を小学生、中学生、あるいはその人の英語のレベルによっては入学者全員にしてもらうことがあるかもしれません。
Q. ネットで英単語の音声等を聞きたい時、どこがいいですか?
有名なウェブスター辞典のサイト「m-w.com」を推薦します。ここでは、米英の肉声の単語の音声を聞くことができます。
Q. TOEICコースはどんな教材ですか。
共通教材とコース別自習教材を使います。  共通教材は実際のTOEICの模擬問題です。TOEICはどのレベルの人も同じテストを受けるわけですから、同じ教材を使います。しかし、TOEICの問題を解答するために必要なものはレベルによって異なります。そこでコース別の自習教材を併用するのです。  さらに、必要に応じて、個別の教材も用意します。
Q. TOEICで英語が話せるようになりますか。
いいえ、TOEICだけではスピーキングの力はそれほどつきません。TOEICはリスニング、リーディングの力をはかるテストですから、スピーキングにはスピーキングの練習が必要です。  でもリスニングとリーディングもコミュニケーションの一部ですから、英語のコミュニケーション能力全体はもちろん向上すると言えます。
Q. フィンランド・メソッド(方式)とはどんなものですか。
フィンランドで行われている教育方法です。その目標の一つはグローバル・コミュニケーション能力を身につけること。また、フィンランドの教育で重要だと見なされているのは、自分で考える力、自分で問題を解決する力、想像する力、理解する力、適応する力を養うことです。PMLAcademyはこれを指導理念の一つに取り入れています。  経済開発協力機構(OECD)が行った学習到達度調査で、フィンランドは2004年には科学と読解力で1位、数学で2位となりました。  PMLアカデミーではフィンランドの教育方法から多くを学び、その優れたところを日本でも実践しようと試みています。